ここはもう更新はしないぞ。過去の遺産がおいてあるだけだぜ。


by yasuhiro_touno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ここで突然

起きたら6時半。昨日珍しく21時半に眠れたことを考えると実に良い目覚めだ。しかも夢の内容まで覚えていた。思い出せない顔の男と電車で夏コミに行く夢だった。

9時、家を出る。

9時15分頃、本来の1時限目開始時間ぎりぎりに実験室に到着。実験の相方はまだ来ていない。教師もまだ来ていない。

9時半頃、教師が一瞬実験室に来てまたいなくなった。相方はまだこないのでメールを送る。

9時45分、漸く講義が始まった。30分遅れとは駄目な教師だ。相方はまだ来ない。携帯もメールも鳴らない。マナーモードだから鳴るはずはないが。

殆どの班が2人で作業をする中1人で作業開始。特に問題も無く終了。

12時、まだ時間は早いが実験は終わったので実験室をあとにしてラウンジで昼食を買う。結局相方は来なかった。メールも来なかった。

ラウンジの外のいつものベンチに座り1人で昼食をとる。早々く食い終えて小説を進める。

12時半、相方は来ない。別の講義に出ていたと思われる2人の友人も来ない。掲示板で4時限目が休講であることを確認、3時限目はとっていないのでこれで終わりだ。しかし帰らずに小説を進める。

13時、誰もこない。2人にメールを送ったところ2人ともサボったらしい。そしてすぐにその2人が車で迎えに来た。

こんな感じで今日の前半は過ぎていった。

私信
左拳で
頬に一撃
こめかみに一撃
鼻に一撃
鳩尾に一撃
好きなものを選べ。武士の情けで金的、蹴り、利き腕による攻撃は省いておいた。
[PR]
by yasuhiro_touno | 2006-05-10 19:50