ここはもう更新はしないぞ。過去の遺産がおいてあるだけだぜ。


by yasuhiro_touno
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

駆け抜ける勇姿

こんばんは。

今日の午後3時からのあずさのブーストがあった。そして今日の講義は3時限目(2時45分終了)まで。そして大学から最寄のゲーセン(正確にはアミューズメントか)まで徒歩20分。いつもなら講義終了からのんびり歩いていけば丁度いい時間にゲーセンにつくのだが今日は違った。私はまだ季節4を見ていない。というわけでできるだけレレレオのペースで進めていきたい。しかし、今のあずさは前回オレレで終わっている。そのため、ペースを守りつつ、かつブーストを有効活用するためには、3時前にゲーセンにたどり着いて、ブーストかかる直前に一度レッスンしなければならない。そんなわけで私は講義が終わったら即ゲーセンに向かうことにした。先ほど講義の終了時間を書いたがこの講義は割と早く終わることが多いので余裕だろう、と講義開始直後は思っていた。だがしかし、いつもと違って時間ぎりぎりまでやり、更に話聞いていなかった学生が質問したせいで講義終了時には2時47分になっていた。ゲーセンに入ってから両替してカードを読み込ませるために57分にはゲーセンについていたかった。そのために私は普段は持ち帰っている荷物を大学のロッカーへ入れて身を軽くし、ゲーセンへ向かって駆け出した。大学を出たのが49分頃、20分の道のりを8分でいけるかどうかは分からなかったがとにかく私は走った。途中上り坂もあったがなんとか走った。そしてゲーセンが見えてきた。時間は57分、私は最後のスパートをかけた。そしてゲーセンまであと5メートルもないところまで到着、時間は58分、1分ずれたが間に合った、と思った。いや、間に合っていたはずだ。携帯から目を離しゲーセンの入り口を見ると自動ドアの真ん中にまるで行く手を阻むようにゴミ箱が並んでいた。そのすぐそばにはイスが積まれていた。




















馬鹿なっ、掃除中だとぉっ!?



















そう、ここは24時間営業のためか時々こうやって大掃除(?)をしているようだ。当然その間は客は入れない。私は諦めて、そこから徒歩2分程の場所にある、もう1つのゲーセン(こっちもアミューズメントか)に向かってゆっくりと歩き出した…

3クレ。全部あずさ。

まだ息の荒い1クレ目はTOPXTOP。ブーストでIL7だったし、☆も27とったから余裕だろう、と思ったらフレッシュ合格だった。おいおい、CPUが☆27もとらないでくれ…ライブの写真撮影はバッチリタイミング逃したぜ…
ここで気付いたこと。私は今までに2枚のプロデューサーカードで合計7ユニット(うち2ユニット活動中)あずさソロをやってきたわけだが、実はTOPXTOPに合格できたのは今やっている2ユニット、霧雨透乃と陽月荒夜しかいない。そしてこの2つのユニット(正確にはユニット名)には共通点があった。どちらも元ねたの元ねたが私自身である、ということだ。つまり私はあずさソロに自分自身を表す名前をつけることによってその力を最大限に発揮できる、と言えるだろう。そんな馬鹿な…
やや落ち着いてきた2クレ目はレッスン。コミュは季節4がなかったのでミーティング。お約束のパターン(※)でパーフェクト。
※コミュ始まる前までは、やった覚えなかったからやってみよう、と思って選択して、いざ始まると、あ~既にパフェ食ったことあるコミュだった、という流れのこと。
3クレ目もレッスン。やっぱり季節4はなかったのでやったことのなかった写真撮影。結果はノーマルだった。一応言っておくがビッグウェーブ(あずさの水着姿のこと)が見たくてこのコミュにしたわけではないから。確かにプラチナアルバムで大雑把に確認した内容を覚えててこのコミュを選んだのだが、あくまで内面的なものを知るためだ。大体私は愛情が一定以上になるとどんどんエロい方から離れていって、あずさはその一定の線を越えてるからな。それに、私の感想としてはあずさはビッグウェーブよりも、ジャージとかDa服とかVi服のほうがよっぽどエロい。

9週IL7の8万1316人思い出20個位。

あ~、前半はなんか格好良かったのに後半はただの馬鹿じゃねえか…
[PR]
by yasuhiro_touno | 2005-12-13 20:03